レーザー計測
サイトマップ
English
HOME
製品一覧
最新情報
技術資料ダウンロード
会社案内
お問い合せ

HOME 製品一覧Fibre Force社 > 光ファイバーを使ったロードセル SPASS
Fibre Force社
光ファイバーを使ったロードセル SPASS
光ファイバーを使ったロードセル SPASS ファイバーフォース社の光ファイバーロードセルSPASSは、絶縁、耐EMIデザインです。光ファイバーセンサーの特徴である高温(〜300℃)で多湿(水中の使用も可)な劣悪な環境下での使用に特に優れています。もちろん強電磁場や野外での使用も可能です。
センサーのタイプはワッシャー型、ラインセンサー型、圧力センサー型などがあり、色々なタイプのセンサーが選べます。コンベーターは、小型、軽量で比較的安価なシステムになっております。
光ファイバーを使ったロードセル SPASS
主な仕様
ナット型ロードセル
材質 ステンレススチール(SS316L)
ワッシャーサイズ M8〜M720
計測レンジ 基本的に制限はない
最小感度 10N(約1kg)
分解能 フルスケールの0.025%
使用温度 −20℃〜85℃(特注により300℃)

圧力センサー
材質 金属またはプラスチック
サイズ 50×50mm〜
計測レンジ 5N〜30kN(0.5kg〜3トン)
使用温度 −20℃〜85℃
LINEセンサー
材質 プラスチックファイバー外径6mm
最小感度 5N〜
使用温度 −40℃〜85℃

コンバータ
入力電圧 DC12V〜24V(1.2W)
アナログ出力 4-20mA
レスポンスタイム 60μS/250μS/2mS
スイッチングタイム 8.3Hz/250Hz/2kHz
入力タイプ 光ファイバーケーブル
使用温度 −25℃〜55℃
サイズ・重さ 30×80×15mm・500g
計測原理
SPASS光ファイバー方式ロードセルは、光ファイバーの軸方向に対して、横方向からの圧力に感度があり、圧力に応じた光量をコンバータに返送します。
オプトエレクトロニクスであるコンバーターは、数グラムから数トンまでの圧力の変化を、光の変化から、電流の変化に変換して出力します。センサーの形状は自由度があり、光ファイバーを上からつぶすような荷重のかけ方であれば、いろいろな形のセンサーを作ることができます。センサー部は光ファイバーであるので、悪条件の環境に強く、強電磁場や、水の中など従来の電気式のセンサーでは使用が不可能であった環境でも、精度良く計測することができます。また最高300℃までの高温での使用も可能で、耐久性も優れていますので、今までは不可能であった場所での圧力や荷重のモニターが簡単に低価格で使用可能になりました。
このページのトップへ
Copyright(c) LASER MEASUREMENT Co.,Ltd. Allright resersved.