レーザー計測
サイトマップ
English
HOME
製品一覧
最新情報
技術資料ダウンロード
会社案内
お問い合せ

HOME 製品一覧FISO Technology社 > 光ファイバーひずみゲージ FOS-N
FISO Technology社
光ファイバーひずみセンサー FOS-N
光ファイバーひずみセンサー FOS-N  光ファイバーひずみセンサーは、小型で高精度、高温域ひずみ計測、さらに、EMI/RFIの影響を受けず、腐食性の強い環境での計測など、まさに、これからのひずみ計測を背負っていく最新技術を駆使したセンサーです。
 光ファイバーひずみセンサーは、従来のセンサーでは対応が困難であった環境でも、ひずみの測定が可能になりました。熱による影響は、従来の電気的ひずみゲージよりも遥かに優れています。さらに明確に言うと、広い温度範囲において、残留ひずみを通常わずか0.5μ_/℃以下に制御します。
 計測原理は、ファブリペロー干渉(FPI)の概念に基づいてデザインされています。基本的にFPIは、相対する2枚のミラーで構成されており、ミラーを分離している空間はキャビティー長と呼ばれています。FPI内で反射した光は、キャビティー長に応じて波長変調されます。つまり、ゲージに伝わったひずみは、様々なキャビティー長に変化し、それをひずみとしてコンディショナーで検出するということになります。
 また、入射側ファイバーが、ひずみを感知するファイバーから機械的に切り離されているということは重要なポイントです。このデザインによって、接着剤の使用や操作のために生じる入射側ファイバーの影響に対しても、ひずみを測定するキャビティー長は影響されないという訳です。これは、複合材に固定する場合などに非常に有効です。
 さらに、静的、動的な計測、チャンネル数によって、各種コンディショナーを取り揃えております。すべての光ファイバーセンサー(温度、変位、圧力、ひずみ、荷重)は、併用が可能で、全てのコンディショナーに対応することができるというコスト的メリット、利便性を備えています。これにより、当社は、先端技術を駆使した信頼性ある光ファイバーを基に広範囲な計測プランを提供します。
特長
●EMI/RFI/雷の影響を受けない
●防爆
●静的、動的応答
●分解能はフルスケールの0.01%
●長距離送信
●ファイバーの曲げによる障害なし
応用例
●新素材の研究、開発
●土木産業(橋梁、ダムなど)
●トンネル構造
●原子力発電プラント
●建設業(ビルなど)
●腐食性の強い環境での計測
●EMI/RFIの高い環境
●熱ひずみ、CTE(熱膨張係数)及び熱変形の測定
技術資料(全ての製品の技術資料は、技術資料ダウンロードページからダウンロードして下さい)
・橋のモニタリング(PDF)
・ダイキャストのための歪モニタリング(PDF)
・橋の計装(PDF)
・ひずみゲージを砕氷船のスクリューへ取り付け(PDF)
主な仕様
計測レンジ ±1000με、±2500με、±5000με、0〜2500με、0〜5000με、-2500〜0με、-5000〜0με、
0〜10000με、-10000〜0με
分解能 フルスケールの0.01%
精度 レンジに依存する
横軸の感度 フルスケールの0.1%以下
応答時間 コンディショナーに依存する
動作温度範囲 −40〜250℃(接着剤に依存する)
EMI/RFI 影響なし
ケーブル長 2m
寸法 直径230μm
光ファイバーケーブル 3.0mm O.D.ポリウレタン・ジャケット・ケブラー (−40〜85℃)、1mm O.D.ブレードファイバーガラスケーブル(-40〜250℃)
ゲージ素材 ガラス
寸法図
寸法図
このページのトップへ
Copyright(c) LASER MEASUREMENT Co.,Ltd. Allright resersved.