レーザー計測
サイトマップ
English
HOME
製品一覧
最新情報
技術資料ダウンロード
会社案内
お問い合せ

HOME 製品一覧ISI System社 > バイブログラフ VIBROGRAPH
ISI System社
バイブログラフ VIBROGRAPH
バイブログラフ VIBROGRAPH
アプリケーション
バイブログラフは部品、材料や構造物を全視野での振動分析に使われています。複雑で定期的な振動はリアルタイムで観測可能です。計測結果は変形勾配、振幅、位相、加速度または速度で表示します。その結果は振動又はノーマルモードエクサイテーションメゾットを使ったモーダル解析や振動試験に利用できます。
バイブログラフは静的、動的な変形を高精度な分解能で全視野計測でき、持ち運び可能なターンキー式の機械です。100kHzまでまでの周期的な振動とそれ以上にオンライン上(タイムアベレージモデル)で観測することができ、振動のある環境から隔離する必要がなくナノメートル単位の分解能を計測することができます。視野は5mmから5mで使用するレンズとレーザーの出力に依存します。
アプリケーションの特徴
●全視野、非接触計測
●防振台が必要ありません
●電力加振器との組み合わせ
●断続的な振動のオンライン計測
●タイムアベレージとした場合周波数の制限なし
●50kHz(100kHz)までのストロボスコープ
●計測エリア10mm角から10m角
●空間分解能(標準)1392×1040Pixel
●面外変形の感度は20nm
●自動による周波数のスィープ
●アナログ、デジタルで発生したシグナルと様々なセンサーに適応するトリガーシステム
技術的な特徴
●モジュラーデザイン:センサー、レーザーとパソコン
●標準400mW レーザーダイオードイルミネーション
●18Wまでのレーザーが使用可能
●大きいサンプルを測るときには高感度なカメラと長い露光時間が必要です。レーザーはクラス2を使用。
●2×2ピクセルを使うと感度は4倍になります
●露光時間と最適なスペックルサイズの調整
応用例
<応用例-1>
タービンブレードの全視野振動計測

計測結果はピエゾ加振器によって加振した1つのタービンブレードの初めてのトーションモードの振動振幅を表します。
応用例-1
<応用例-2>
超音波洗浄工程の振動観測

40kHzで数分間の超音波洗浄工程のオンライン観測や危険を伴う精製所環境での振動変位の定量評価。
応用例-2
<応用例-3>
加振振動による欠陥の識別化

建造物の加振計測は非破壊検査や材料の物性評価には特別な技術である。小型で持ち運び可能なシェーカーはクラックや剥離、はがれのような欠陥を際立たせることができ、数秒で加振周波数をスウィープさせることによって欠陥を見つけることができます。一例としてカーボンファイバーコンポジットプレートの真ん中にある接着不良の例を表します。
応用例-3
このページのトップへ
Copyright(c) LASER MEASUREMENT Co.,Ltd. Allright resersved.